- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト沖縄

膜厚計を用いて塗装厚を確認!

リボルト沖縄、店主の照屋です。
コーティングでの主な作業は塗装の下地処理(磨き)であります。
この下地処理の作業で、仕上がりまたはコーティング剤の定着と大きく左右される大事な工程です。

磨くと言う事は磨ける範囲(磨ける厚さ)を把握しなければいけません。
また経年車ともなりますと、過去に何度も磨かれて塗装自体が薄くなっていたり、修復歴(板金塗装)をされていたりと、塗装の厚さまでは見た目ではわかりません。そこでコーティング前に膜厚計を用いて、お車全体の塗装厚を測定し確認していきます。

ボンネットの塗装膜厚(129μm) 0.129mm

img_7444280111.jpg

ルーフ部の塗装膜厚(126μm) 0.126mm

img_7446280111.jpg

塗装ってこんなにも薄いんですよ。1mmも満たない程です。
やみくもに磨く事は怖くてできません。

右リヤフェンダー部(182μm) 0.182mm
この部分だけ、他の箇所と比べて数値が高いです。過去修復されていると予想されます。
数値が高いと言う事には特に問題はありません。数値が低すぎる(塗装が薄すぎる)事が問題であります。

img_7445280111.jpg

参考データ (リボルト沖縄での測定データより)

国産乗用車・新車の塗装膜厚 120μm前後
国産軽自動車・新車の塗装膜厚 100μm前後
(レクサスの一部ではかなり厚い塗装があります)

膜厚計を用いて、塗装膜厚の状態、塗装ダメージの状態に応じて、磨くアプローチを変える必要があります。
磨く行為は塗装の厚さを知る必要があります。その範囲内でいかにクオリティーを引き出す事の難しさ、日々勉強であります。