- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト沖縄

高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」

リボルトグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

適当に磨けば綺麗になるという程、生易しいものではありません。長年の経験と知識、技術ネットワークによって支えられたものなのです。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

こちらのお車、長年に渡り、洗車キズ、スクラッチキズ、雨ジミ等、ボディーダメージが見受けられるボンネット画像でございます。

14762530802.jpg

このような状態の場合、粗目のコンパウンドで一気に磨きあげたい所でございますが、クリア塗装には限りがあり、その時だけの仕上がりだけを考えてはなりません。
極端に塗装を磨き、塗装をやせさせてしまうと、数年後、色あせ、くすみの症状が早く出てしまう事があります。
無駄なく研磨し、最小限の磨きを施す事が、目には見えないクオリティーでもございます。

「Revolt adjust system」にて最小限の磨きで最大限の塗装状態を引き出して参ります。
ボンネット半分を仕上げます。
写真で確認できますが、「Revolt adjust system」にて下地処理後には、キズが解消され、くすみが取れ、深みある状態になりました。

14762530692.jpg

仕上り画像でございます。

14762530552.jpg

高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」は、磨きキズ、オーロラを出さずに、美しい本来の塗装状態を引き出す、技術でございます。

また、ボディーに軟質樹脂を配合したクリヤー塗装を施し、洗車によるすり傷、日常使用での引っかき傷程度なら、時間がたてば傷を自己修復する、特殊なクリア塗装採用の日産スクラッチシールド。レクサス車に多く採用されている、セルフリストアリングコート。の磨き下地処理も「Revolt adjust system」では問題なく綺麗に仕上げる事が可能でございます。

これから、コーティングをご検討されているお客様、または現在お乗りのお車を一度リフレッシュしたいとお考えのお客様、お気軽にご相談下さいませ。