ガレージ・設備

セキュリティー完備

最新のセキュリティーシステムを新たに導入いたしました。
コーティング施工で大切なお客様のお車を何日とお預かりするにあたり、いままでのセキュリティーでは、少々、不安もございましたので、最新のセキュリティーシステムを追加し保管させて頂いております。
ガラスコーティングでお車の塗装を守り、セキュリティーシステムで大切なお車をしっかり監視し万全な体制で、お客様の安心も守っております。

img_3172.jpg

高輝度・LED照明設備(全照明の高輝度LED化)

リボルト沖縄店では、店舗内の作業用照明全てを高輝度LED照明化しております。

従来よりコーティングをするにあたりまして、細かな傷や、磨きムラ(オーロラマーク)、コーティングムラを残さないようにするためには高輝度照明が必要でした。従来では、250W水銀照明がそれにあたりましたが、時代はどんどん進んでいきます。そうです。今の先端照明技術はやはりLEDなのです。

LEDのメリットとしてはみなさんご存知だと思いますが、消費電力が低いということがあります。1/4~1/5くらいの消費電力になります。従来のように熱の発生もほとんどありません。耐久年数が40,000時間です。単純に計算しても1日8時間付けていて、約14年は大丈夫ということになります。

では、コーティング業界としてはどうかというと、上記のメリットはもちろんですが、光の直進性に優れているため、光源から届く光量が明らかに大きいです。そのため、従来の照明に比べると、車のボディを明るく照射します。それは、作業性に優れますし、クオリティを上げるには最大のメリットとなります。

もう一つのメリットとしては、従来の照明が若干ボケたような感じになるものが、LEDではシャープに映し出されます。色の再現性にも優れますので、塗装本来の色をより忠実に再現できるということになります。

コーティング業界にとってはメリットばかりのLED照明ですが、一番のデメリットといえば、費用です。明らかに高いです・・・

費用は高いのですが、ここは施工クオリティを高めるため、リボルト静岡では、LEDの全面的な導入をしています。

下記画像は車のボディに映るLED照明と従来のレフ照明の違いです。
LEDが左です。明るさに差があるのと、LED照明の方がシャープに表現されます。

LED比較

LEDの光の特性はデジタルでシャープな映り込みです。LEDの光は直進性が強く、対象となる箇所を集中して照らすという特徴があります。そして非常にデジタルでくっきりと物の姿や状態を映し出すという特徴があります。このことにより、今まで以上にはっきりとボディの状態を認識することができます。イメージで言うなら、アナログテレビから地デジテレビに切り替えたときのような違いです。LEDを良く知っている人は、「光が硬い」という表現をされます。ソフトな光を演出するような場面には向いていないのかもしれませんが、硬いもの(車)の状態をしっかり把握する必要があるコーティング業にとっては、願っても無い照明です。

壁面には、18.8wのLEDスポットビームを設置しています。

壁面LED

天井にも同様のLEDスポットビームを設置

天井LED

従来の250W水銀照明の代わりとなる高輝度大型LED照明です。
これメチャクチャ高いです・・(汗 
しかし、リボルト沖縄店ではクオリティと省エネのため、導入しました。

led4.jpg

この大型LED照明は光量が飛びぬけてます。一般的なLED照明は光が拡散せずに、まっすぐに進みます。しかしこの大型LED照明は光が拡散しつつも、対象物には十分な光量が届きますので、より広範囲にわたって、強い光を照射することが出来ます。他のLED照明よりさらに一歩進んでますね!そして、ボディカラーの演出度も高いです。演出度というのは、その色本来の色を表現する度数です。この度数が高いと色の表現が優れていることになります。


この高輝度・大型LED照明が・・・・光ると、こうなります。
(写真ではカメラのレンズに乱反射してますが、実際にはクリアーな光源です)

蛍光灯もすべてLED蛍光灯です。従来のボケた感じの蛍光灯ではなく、
明るくシャキッとした光量が作業スペースを快適に照らします。
形状は蛍光灯ですが、LEDなので中身は全くの別物です。

LED照明2

いつも最先端の技術と設備、クオリティを提供できるよう頑張ってまいります!

完全な室内保管・完全な室内作業

◆ハイクオリティなコーティングには、完全室内での作業が必須です。リボルト沖縄では、お客様のお車をお預かりして、ガラスコーティング施工の開始から、お渡しするまでの間、完全室内にて施工・保管致し、清潔に作業させて頂きます。

トップ画像

トップ画像2

膜厚計

車の塗装の状態は、メーカー、年式、カラー、修復の有無などさまざまな要因があります。
その中の塗装の厚さを計測するのが、膜厚計です。経験による判断だけでなく、数値を測定することで施工のリスクの軽減と、方向性を確立します。

1326898508.jpg