- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト沖縄

塗装膜厚を測定器でチェック

みなさん、車の塗装の厚さって(膜厚)どの位あるかご存じですか?

メーカー、年式、車種、によって違いはありますが、一般的な膜厚は150μmです。
1μmが0.001mmになりますので、150μmだと、わずか0.15mmになります。
厚さと表現するより、薄さと言ったほうがいいほど、塗装は薄いですね!


今ではよく、コーティングの、のぼり、チラシ、パンフレットをみかけます。
サービスメニューとして、ディーラー、中古車販売、カーショップ、整備工場、ガソリンスタンド、コーティングショップ、数多くのお店で取り扱われる用になりました。
数あるお店の中で、膜厚計を用いてしっかり塗装状態を把握して、下地処理作業を行っているお店はあるのでしょうか?

県内の中古車の展示車を見た事がございました。仕入れたお車をやみくもに磨いたのでしょう。
思わず声が出る程(うゎ~)磨きムラがモヤモヤとすごい状態でした。
やみくもに磨けば、塗装は無くなり下地が出てきます。塗装の磨ける範囲には限りがございます。
磨く前に、まずは塗装の膜厚を知る事が必要です。


こちら、H23年登録、走行距離4884キロの外国車のボンネット中央部の膜厚表示です。

1476239030.jpg

表示の上部が測定時の膜厚160μm
左側の2点は最大値167μm 最小値160μm
右側の2点は平均値162μm 測定回数5回

膜厚は薄く、精密機器での測定になりますので、最低5回は測定し、最小値を目安にしましょう。
このボンネットの場合は160μmです。


こちらはH22年登録、走行距離9342キロの国産車のボンネット中央部の膜厚表示です。

1476239020.jpg

表示の上部が測定時の膜厚102μm
左側の2点は最大値105μm 最小値101μm
右側の2点は平均値103μm 測定回数5回

最小値を基準にすると101μmです。

2台のお車の差はすごいですね、約60μmの差です。
測定の結果から、この2台を同じように磨くことは出来ません。
磨き方、力のかけ方、コンパウンド選び、マシン選択など、塗装状態に応じた磨きを行わなければなりません。
リボルトグループでは長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報、技術ネットワークなどをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来ます。

車によって膜厚は違います。同じ車種でも膜厚は違います。
メーカー、車種、年式、使われ方、環境、保管状態、洗車回数、板金履歴、新車でも膜厚は異なります。

私は膜厚を計らずにして磨く事は出来ません。わずか0.15μmの限られた膜厚なのですから。

リボルト沖縄では、パネルごとに膜厚を測定し、確認しながら作業を進めさせて頂いております。

リボルトグループ独自開発下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」にて塗装の膜厚を最小限の磨きで最大限のクオリティーを提供出来る、技術で施工致しておりますので安心しておまかせ下さい。

車 ガラスコーティングのご紹介