施工ギャラリー

宜野湾市よりお越しのM様

車名:
TOYOTA・ヴェルファイア
施工内容:
リボルトプロ,窓ガラス撥水加工
img_6125280804.jpg

トヨタ・ヴェルファイアのガラスコーティング施工が完了いたしました。

今回ご入庫のヴェルファイア、中古車購入に伴い、ガラスコーティング施工のご用命を頂きました。
中古車となりますと、販売店さんが外装・室内共に綺麗にし納車されておりますが、塗装状態を確認しますと、やはり数年使用のダメージや洗車キズが見受けられる状態です。コーティングショップのひと手間をかける事で、もうワンランク上の美しさを引き出す事が可能であります。

まずはボディーチェックと塗装の膜厚測定をおこないます。中古車となりますと過去にどのような修理歴・板金歴・再塗装歴があったのか分かりませんので、測定器の数値にて判断しましょう。

画像左ボンネット塗装膜厚160μm 画像右フロントドア塗装膜厚157μm
img_6047280804.jpgimg_6048280804.jpg

画像左スライドドア塗装膜厚146μm 画像右クォーターパネル塗装膜厚160μm
img_6049280804.jpgimg_6050280804.jpg

新車時の塗装膜厚が平均120μm~130μmとなりますので、この数値ですと再塗装歴の可能性があると考えられます。でもしっかりと綺麗に塗装されておりますので何も問題ありません。

こちらはリヤゲートの塗装膜厚60,4μmと極端に数値が低いですね。過去に何があったのかまでは分かりませんが限りある塗装ですので今回のコーティング前の下地処理では、他のパネルとは違うアプローチでの磨きが必要になります。
img_6051280804.jpg

塗装のツヤが失われる1つの原因は塗装面の細かなキズにあります。オイル系のワックスを塗りますとオイルのツヤが加わり一時的にツヤは出ますが、本来のツヤではありません。コーティング前の下地処理にて塗装面の細かなキズを取り除き、キズを解消させる事によりクリア塗装が持つ本来の光沢を作り上げてまいります。

画像左は磨き前 画像右は磨き後
img_6059280804.jpgimg_6076280804.jpg

下地処理にて整え終えた塗装面には完全硬化型ガラス濃度100%のリボルトプロをコーティングしてまいります。コーティング剤そのものが硬化しガラス被膜を形成します。
丁寧に磨き塗装本来が持つ光沢を引き出し、高濃度のガラス被膜をプラスする事で、ボルドマイカメタリックの美しさを最大限に引き出すことが出来たと思います。
img_6118280804.jpg

納車時にお渡ししております、メンテナンスリキッドにも紫外線低減効果があります。
普段の洗車時に使用し重ね塗りをおこなう事で長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。
この度は、リボルト沖縄に、ご用命頂きまして誠にありがとうございました。

ガラスコーティング専門ショップ リボルト沖縄
〒901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目14-10 エレガント・スタイルS 101号室
TEL/FAX 098-851-8833
http://www.revolt-okinawa.com
revolt@revolt-okinawa.com
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

リボルト沖縄では、外気を完全シャットアウトされた完全密閉室内作業と高輝度LED照明導入。
室内作業場はエアコン完備にて温度・湿度を管理し、大切なお客様のお車をお預かりしております。
沖縄県エリアにてハイクオリティなガラスコーティングをお考えのオーナー様、是非当店にお任せください。お見積りお問合せお気軽にご相談くださいませ。